境界 性 パーソナリティ 障害 診断。 境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)の診断、症状、治療

境界性パーソナリティ障害とは?特徴、症状、原因、治療法は?

常包知秀、岡田俊、高橋涼子、西井真希「境界性パーソナリティ障害と診断されていた特定不能の広汎性発達障害」『病院・地域精神医学』第51巻第1号、2008年10月、 34-36頁、。

12

パーソナリティ障害になりやすい発症年齢と診断方法について

二分法的認知 これは、 物事を白か黒かといった極端な認知をしてしまい、そのことを言い募ることをさしています。 必要な時期に愛情を注ぐこと、適切な時期に切り離れることが子どもの成長には必要ですが、境界性パーソナリティ障害の人は親離れできていないというのが共通している。 ・薬物療法 パーソナリティ障害に伴う不安や衝動性などについては、依存性の少ない非定型抗精神病薬(オランザピン、クエチアピンなど)や気分安定化薬などで落ち着かせていきます。

1

境界性パーソナリティ障害(BPD)

重要なのは、医師が自分の患者あるいは他の医療機関から訪れた患者に対し、この「医原性パーソナリティ障害」についての認識を十分に検討しつつ、診察に当たれるか否かである。

境界性パーソナリティ障害について

境界性パーソナリティ障害と診断するには、経時的な経過が大切になります。 双極性障害 [ ] 「」も参照 BPDはとの併存率が高い。

5

境界性パーソナリティ障害について

感情表出が苦手で多くを語らないが、内面は頑固で負けず嫌いである。 (詳細はを参照) 歴史 [ ] 頃から患者数が増加しており、医療費への影響や自己破壊的な行動による生産性の低下などから経済へ与える影響も大きい。

9

境界性パーソナリティ障害の診断基準と実際の診断

薬物は主に付随する症状の緩和のために使われています。

12

境界性パーソナリティ障害の診断基準と実際の診断

Am J Psychiatry 160 1 : 167-169. 、 世界保健機関 1992 pdf. 現実検討力が極端に低くなると、心の中で思ったこと(内的現実)と実際に起きたこと(外的現実)の区別がつかない。

5

境界性パーソナリティ障害について

・現実や想像の中で見捨てられることを避けようとして、なりふりかまわない努力をする ・理想化と脱価値化との両極端を揺れ動き、特徴づけられる不安定で激しい対人関係様式 ・同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や自己観 ・自己を傷つける可能性のある衝動性で、少なくとも2つの領域にわたるもの 浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食いなど。 アメリカ精神医学会の診断基準では大きく分けて、次の3つに分類されています。

9

境界性パーソナリティ障害の診断基準と実際の診断

人間は不安定なものだという基本的な安心感がない環境で育つことになります。

15